設立前に許認可が必要な業種の確認をしましょう

会社を設立して運営していくにあたり、法令や条例等により、許可や届出などが必要になる場合がございます。一般的には「許認可業種」といわれております。業種によっては、無許可で営業すると刑事罰が科さられる場合もありますから注意が必要です。

許認可の種類

許可

法令に基づき一般的に禁止されている行為について、特定の場合又は相手方に限ってその禁止を解除する。許可したこと証明する書面を「許可書」・「許可証」などと呼ぶ

登録

行政機関に一定の事項を届け出て、帳簿にその事項が記載されれば、営業が認められるもの。

届出

行政機関に一定の事項を届け出れば、営業が認められるもの。

許認可の主な業種と窓口

業種 許認可・登録
 介護事業 介護事業指定
 産業廃棄物処理業 産業廃棄物収集運搬業許可
 建設業 建設業許可
 中古品販売 古物商許可
 飲食店 食品営業許可
 ホテル・旅館 旅館業営業許可
 美容院・理髪店 開設届出
 クリーニング店 クリーニング所開設届出
 タバコの販売 製造たばこの小売販売業許可
 不動産業 宅地建物取引業免許
 旅行業 旅行業登録
 人材派遣業 一般労働者派遣事業許可
特定労働者派遣事業届出
 酒の販売 酒類販売業免許
 倉庫業 倉庫業登録
 貸金業 貸金業登録
 風俗営業 風俗営業許可
 警備業 警備業認定
 探偵業 探偵業の届出

詳細につきましては各役所・警察署等でご確認くださいませ。
許認可、書類作成のご相談も承ります。
問合せ(ふりーダイヤル)