資本金の決め方についてご説明いたします。

資本金とは

<資本金とは>
会社説設立にが事業を始めるにあたり、設備投資、運転資金等の「元手」が必要になります。
会社はこの「元手」をとなる資金を出資者から出してもらい、
事業をスタートします。
会社に対して出資したお金を資本金といいます。
会社法の施行により、資本金が1円でもよくなりました。
しかし、資本金は1円でよいことになりますが、果たしてそうでしょうか。
会社を設立する目的の一つに社会的信用を得ることがございます。
資本金1円で会社を設立してから、会社名義の銀行口座を開設しようとしたら、
開設できなかったというケースもあります。
会社の履歴事項全部証明書(謄本)には、資本金1円と記載されます。

運転資金

会社設立時に資本金を銀行に預けます。
この資本金はいったん預けた後、それを開業資金や運転資金に回すことができます。
ただし、個人的なものに使ってはいけません。
業種にもよりますが、初期費用+設立時から3~6か月程度の経費を
運転資金と設定することが目安になります。
そうすることにより、取引先からすぐに入金がなくても、安心して事業に専念することができます。

資本金の決め方

資本金の決め方の目安として参考にしてください。

初期費用+(1か月に必要な運転資金×3~6か月分)
初期費用 運転資金(1か月分)
・事務所・店舗の初期費用
・会社設立費用
・設立前にかかる経費
・事務所・店舗の家賃
・設備、備品の購入費用
・商品の仕入れ
・消耗品
・人件費
・通信費
・交通費 など