会社設立の形態として、株式会社と合同会社の比較を通じて、両会社形態の特徴をご説明しております。

株式会社・合同の比較

株式会社 合同会社
設立法定費用 24万円~ 6万円~
定款認証 必要 不要
知名度
事業拡大 小規模から大規模 小規模向け

※合同会社の定款認証は不要ですが、定款の作成は必要です。

設立費用

株式会社は会社を設立するために法定費用が20万円ほどかかります。
合同会社は6万円程度で設立できます。
合同会社は株式会社に比べて14万円ほど法定費用が安いということになります。

定款認証

株式会社は公証役場で定款の認証を受けます。
合同会社の場合は、株式会社と異なり、公証人役場での定款の認証を受ける必要はありません。
そのため公証役場に出向く必要も無く、株式会社に比べて早く設立することが可能となります。
また設立手続きの早さだけではなく、株式会社では必要となる定款認証料52,000円も不要になります。

知名度

会社というと株式会社をイメージする方が多いようです。
合同会社は2006年から。新たに設立できるようになった会社形態ですから
少しずつ認知されてきてますが、まだご存じない方もいらっしゃります。
従いまして、合同会社より株式会社のほうが指名度は高いといえます。

事業拡大

株式会社と合同会社では、両方とも法人格がありますから、
契約や税制面などでは、特に違いはありません。
しかし、資金調達を考えますと出資と経営を分離している、
株式会社のほうが金融機関からの借り入れは有利かもしれません。
消費者の観点からすると、「合同会社」より「株式会社」からの方が安心できるかもしれません。